本文へスキップ

大阪大学先導的学際研究機構超次元ライフイメージング研究部門

サービス/製品一覧RESEARCH SUBJECTS

研究内容

1. トランススケールイメージング装置AMATERASの開発

当研究部門での研究の根幹となるトランススケールイメージング装置AMATERASの一号機(AMATERAS1.0)を開発しました[1]。14.6mm x 10.1mmの広い視野の中で個々の細胞の動態・機能を蛍光イメージングにより観察することができます。細胞分解能できる光イメージング装置しては、世界最大クラスの視野を誇ります。この装置により、10~100万個の細胞を同時に観察することが出来ます(図1a)。マウスの脳の切片のイメージングでは、脳全体の個々の細胞を同時に観察できることを示しました(図1b)。細胞集団の運命を左右する0.01%以下の稀少細胞(リーダ細胞)の発見や、細胞状態の多様性・非均一性の統計解析など、生命システムの仕組みの理解に繋がる研究への応用を進めています。


1:細胞観察の例。(a)マウス上皮細胞の蛍光像。ワンショットの撮像で23万細胞を同時観察した(上、pre-confluent)。さらに、1.5日後には細胞が増殖して、100万を超える個数(119万)の細胞を同時に観察できた(post-confluent)。画像解析により細胞周期の分布の解析を実現した(右下)。(b)マウス脳切片の蛍光像。ワンショットの撮像で脳全体の中の個々の細胞を観察した。

参考文献:
[1] "Exploring rare cellular activity in more than one million cells by a trans-scale scope”,
Ichimura T, Kakizuka T, Horikawa K, Seiriki K, Kasai A, Hashimoto H, Fujita K, Watanabe M.T, Nagai T,
bioRxiv, DOI:10.1101/2020.06.29.179044.

 



バナースペース

大阪大学
先導的学際研究機構
超次元ライフイメージング研究部門

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-1
産学共創C棟3階C301

TEL 06-6105-6263